【無料】どんな起業でもやっておいた方がいい事6選

【無料】どんな起業でもやっておいた方がいい事6選

 

お店を構えて起業する!ネットショップで起業する!などなど企業の方法は様々ですが、私が実際やってみて、効果があった、利便性が高いと感じたものなどをご紹介します。

結果としては、無料でも効果が出るものは存在しました。

 

お金がないけど如何したら効率の良い情報収集や発信が出来るんだろう・・・そう思われている方々に必見です。


1)Googleマイビジネス

【効果継続性大・即効性小】

カンタンにお伝えすると、これです。

あれって無料で出来るの!?と思われた方も多いと思いますが、無料です。

 

<申請方法>

①WEBで登録

②Googleからハガキが届く(PINコード案内)

③PIN入力で、公開

 

※①~③まで最短で1か月

 

で可能です。

 

<効果>

放置しておいても自動的に掲載されPRしてくれるので楽に告知できます。流入もそこそこ出てきます。またこの会社ほんとにあるの?と起業したては思われがちですが、そういった際の信頼度もUPします。併せて、GoogleMAPでも検索されるのもメリットになります。

 

一つ注意点は、住所の変更があった場合などは、また②からやり直しになります。また1か月先に公開が伸びてしまう事になるので、記入ミスには注意しましょう。


2)PRTimesの広告出稿(起業時無料キャンペーン)

【効果継続性小・即効性極大】

 

<申請方法>

①WEBで登録(スタートアップキャンペーン登録)

②PRtimes承認

③原稿入稿後、自身のタイミングで発信

 

※①~③まで最短で1日

 

<効果>

これは疑心暗鬼でスタートしてみましたが、発信の影響力は大きいです。1回の発信で局所的に1,000PV程度は発生します。また副次的な効果として大きいのが、提携メディアサイトへの転載です。分野によっても違うのかもしれませんが、大体1発信あたり40サイト程度に転載されます。

 

原稿がかなりキモになってきます。

 

ネットビジネスを行っている人はキレイな被リンクを発生させるためにも、最大限リンクを原稿に散りばめて置き、キーワードもふんだんに織り込んで原稿を作成することをお勧めします。


3)SNS連携による情報発信

【効果継続中・即効性中】

 

 

<申請方法>

①各種SNSサイトにて登録

②発信原稿入稿

 

<効果>

各種SNSによって申請方法が様々なので割愛しますが、効果としては継続的に発信させないと無いに等しいので、日課として行うことをお勧めします。また、SNSの連携により共通して同じ情報を発信できるようにすれば、そこまで手間ではなくなります。

 

放置していても何も生みませんが、継続発信することで必ず誰かは見てくれています。


 

 

4)googleアラートへの登録

【効果継続性大・即効性小】

 

<申請方法>

①Googleアカウント登録

②自分の好きなキーワード登録

 

<効果>

こちらは発信する方ではなく、最新情報を入手することに利用できるツールになります。攻守でいくと「守」の方になります。キーワードのおすすめは自分の業界のトレンドキーワードと連携できそうな他業界のキーワード登録です。

 

理由は、自分の業界だけ見てしまうと視野が必然的に狭くなってしまいアイデアも限定的にしか出てきません。実は他業界では当たり前のことが応用できることは十分あるため、他業種のキーワード登録は最低一つはやっておきましょう。


 

5)関係者への挨拶と事業紹介

【効果継続性極大・即効性中】

<申請方法>

なし

<効果>

これほど重要なことは無いでしょう。ここでの秘訣は、印象づくりと事業の紹介を簡潔にかつインパクトがあるような形で紹介できるか否かです。これが出来れば、良いループを生み、関係者の方が時には営業を自然としてくれる形が構築できます。


6)初心に返る

【効果継続性絶大・即効性絶大】

 

<申請方法>

自分自身

<効果>

マインドがなければ、ここまで紹介してきた1)~5)の事も出来ないです。そのためにもなぜ、起業したのか?成し遂げるべきこととは?など最初に思っていた信条に立ち返るべきです。人はそんなに強いものではなく、継続の中で惰性も生まれ、悪いことも考えたりすると思います。

そう言った時に初心に返るためにも、起業時の想いなどをどこかに書いておくのは良い方法だと思います。

 

 

また、皆さんのこれやったらよかったよ!というものがあればお待ちしております!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です