公務員は楽じゃないよ。むしろ楽なイメージで入るのは辞めた方がいい。

よくある就職ランキングでも、まだ信頼できそう。

 

リスクモンスター社が2019年2月に2020年3月卒業予定の大学3年生に、どこに就職したいか?という調査を行った。

 

ランキング1位は「地方公務員」(回答率31.6%)であった。次いで「国家公務員」が2位(同18.0%)とのこと。この就職したい企業ランキングというと、色々な会社で全然違う事が多いが、その理由は、ランキングを作る会社とランキング上位の企業の関係性も絶対ないとは言えないだろう。今回調査したリスクモンスターという会社は企業の信用調査を行う会社であり、公平感でいうと他の会社よりも信頼性が高いと思われる。

 

ただし、今回はインターネット調査ということもあり、どういった経由でアンケートを取ったかも起因する。例えば、調査の対価として金銭の支払いなどがあれば、自ずとアフィリエイター学生が参加してくるので、何とも言えないことになるだろう。

 

一方で、サンプル数が440のため、統計学的に言うと誤差4.7%、信頼度95%、母比率50%の精度になる。

 

調査企業がバイアスをかけていなければ、約半分が公務員を志望していることになる。

 

それを完全に信頼することにして、下記を書いてみたいと思う。

 

 

約500以上の自治体を訪れて分かったこと

 

 

私は、これまで自治体への訪問を行ってきて分かったことがある。

それは、「楽ではない」ということだ。

 

もちろん、志望動機はそれが全てではないと思うが、楽したい!を追求しようと思ったら、

企業で福利厚生がしっかりしており、利益率・商品/サービス力が安定している企業の方が間違いなく楽だ。

 

志望動機が、地域を良くするために、国を良くするためにというのが一番な場合は、そのまま志望していけばいい。ただし、給与は安定してはいるが、給与の横並びに不満を持たずにそれがやっていけるかどうかがカギだ。

 

これまでに色々な自治体の人と接してきたが、熱意にあふれる人ほど、日中は多方面とのコミュニケーションで溢れている。

半面、残業では実務を行い明日に備えるといった感じだ。(課によるので全てとは言わないが)

 

 

それでも公務員を目指す人へ

 

よく何か法律を犯してしまった時に叩かれるのは、真っ先に公務員、次に大企業の社員だ。

 

まずは真摯に清廉潔白であること。

 

次に熱意をもって、相手と話すこと。

 

最後に議会などの圧力にも耐えられる忍耐力を育てること。

 

それが出来れば、立派な公務員として町のために、人のために貢献できる立派な職業人になれることは間違いない。

 

 

【参考】リスクモンスター社アンケート結果(2019年2月)